カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

潁原博士

伝えたい潁原博士の功績

2013年10月、新上五島の住民有志で顕彰碑を建立いたしました

が、潁原退蔵博士の功績を伝えようと、

小冊子「追想 郷土の偉人 潁原退蔵博士」を発行いたしました

た。

ご希望の方には無料で配布しております。

お問い合わせ先は、株式会社長崎五島うどんです。

2017年8月3日  長崎新聞より

「弁財天(メーザイテン)祭り」

謹賀新年

「弁財天(メーザイテン)祭り」

かつて捕鯨で栄えた上五島町有川郷の伝統行事「弁財天(メーザイテン)」が1月14日(土)行われました。                                   若者たちの勇壮な鯨唄(うた)と太鼓が響き渡りました、

今年も一年良い年でありますように!!

ニューフェイス

     

 新年早々、わが社にニューフェイスが加わりました。                                     「本場の本物」を背中にしょってこれからみんなと共に頑張って大活躍してくれると思います。                                                と同時に1号車これまで頑張ってくれてありがとう。感謝!!  

フランスより

❀❀ フランス在住の方からのお便り ❀❀

こちらは暖冬ですが、また昨日から少し寒くなってきました。                                                                        こちらこそ、山さんを始め本場の本物の方とお会いできることによって人生が変わりました。                    山さんのおうどんに対する情熱素晴らしく感じました。                                                                                       事後報告になりなすが、11月にブレストでガストロノミーのワイン会が行われ料理のデモを頼まれて、ダシがテーマだったので山さんの長崎五島うどんを紹介、試食させていただきました。 とても好評で、料理を通しても文化交流は素晴らしいと思いました。日本人でよかったなと思う瞬間でもありました。                                                                                  私は全然ビジネスに似合ってないのですが、料理によってたくさんの笑顔が見れたらいいなと思っています。

フランスの地で活躍しておられる料理人の方です。                                                                             いろんなとjころで五島うどんを知っていただけること嬉しいです。 

地方色豊!

上五島では茹でた鍋の中から直接すくって食べる地獄炊き!

山形県では同じような食べ方で違う呼称があるというお話をお客様からお聞きしましたのでご紹介いたします。

こちら山形でも、同様の習慣がありまして、鍋でうどんを茹でたら鍋ごと食卓の真ん中に持ってきて、家族でめいめい鍋からうどんを取ってつけだれにつけて食べます。

この際、鍋から箸で引っ張ることから、こちらでは「ひっぱりうどん」と言います。名称は違えどやっていることはそっくり同じですね。日本は広く、山形と長崎と、こんなに離れた場所で同じ風習、興味深いです。

ただ、山形の場合独特なのはつけだれの方です。通常の麺つゆに、サバの水煮の缶詰や、納豆を入れるのです。他にも各家庭の好みにより刻み葱や生卵などを入れるところもあります。

これの夏バージョンとして、うどんをそうめんに代えた「ひっぱりそうめん」も行います。長崎から見たら山形は北国と思われるかもしれませんが、実は盆地気候のため夏は非常に暑く、1933年に山形市で記録した最高気温40.8℃が、2007年に埼玉・熊谷と岐阜・多治見に40.9℃で抜かれるまでの実に74年もの間、歴代最高記録でした。したがって、夏に冷たい麺はとてもよく食べる地域性があります。

ひっぱりうどん・ひっぱりそうめん、いずれも納豆を入れることにより、箸も鍋も糸引きだらけになりますので、家族とかよほど親しい仲間内でないとできない催しとも言われます。

今回購入した麺すくい、山形にはこのような製品を使う習慣があまりありません。みんな糸だらけになって「直箸(じかばし)」で麺をひっぱります。しかし、このような麺すくいはあると重宝する事間違いありません。どうして山形にないのか不思議なくらいです。長崎&五島、すばらしい伝統文化だと思いました。

以上、無関係な閑話休題を長々と失礼いたしました。五島うどんご自慢の麺と使い勝手の良さそうな道具、堪能したいと思います。

同じ日本でも食文化の違いがあって面白いですね。いろんなお話をもっとお聞きしたくなりました。面白い話、楽しい情報ありましたら教えてください。

海の王女様

長崎⇔有川間に新しくシープリンセスが就航致しました。

長崎と有川を1時間40分で結びます。

益々、上五島の玄関口が広がりました。

いつでん遊びにこんかな〜(●^o^●)

嬉しいお便り

☆ ☆ 嬉しいお便り ☆ ☆

こんにちは、長いことお休みしてしまいましたが、本日、嬉しいお便りをいただきましたので皆様にご紹介したいと思います。

《 北海道の方から 》

 「こんにちは!!」

 先日、丸井今井デパートで、御社の『五島手延うどん』を買い求め、早速食べましたが、美味しすぎてアッという間に食べ終えたのです。我が家は[麺食い家族]で色々な麵を食べますが、今回の『五島手延うどん』はホームランでした。

ぜひ注文をと考えておりますのでパンフレットを送ってください。

このようなお便りをいただき、職員一同喜びでいっぱいです。  これからも皆さんにおいしいと言っていただけるよう頑張ります(*^_^*)

帰省

  

愛知県一宮市から上五島に遊びに来た社長の甥っ子の

中島康太さんと市川裕史さん。

上五島町奈良尾で、1.7kg〜1.8kg級のアラカブを釣りました。

大物ゲットに感激(●^o^●)

身はお刺身に、骨、頭(アラ)は味噌汁にして食べたそうです。

自分で釣り上げたものを食べる!おいしかったとご満悦。

上五島を満喫して帰られました。

又、遊びに来て下さいね(^^)/

西宮神社 福男選び

西宮神社 福男選び

毎年恒例の福男選び。

弊社社長の甥の尼崎市の高校教諭山篤史さんが

五番福男になりました。

弊社も五番福にあやかりたいと思います(●^o^●)

小惑星 “新上五島”

小惑星に「新上五島」命名!!

先日、長崎新聞に掲載されました記事は、2015年1月31日に

新上五島町有川(鯨賓館)で披露発表会が行われます。

ページトップへ