カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

五島うどんの製造法とこだわり・特徴 動画ご紹介

五島うどんの製造法・特徴|動画配信中

日本の三大うどんのひとつ「五島うどん」は、五島の風土に育まれ、歴史と伝統に培われ た自然食品です。
遣唐使の時代に、五島列島に伝わったと言われる五島手延うどん
元寇の役に捕虜となり、五島に住みついた中国人が教えたなど、数多くの伝承が残っております。
その製造法やこだわり、特徴などを動画でご紹介いたします。       (長崎県五島手延うどん振興協議会編集)

五島手延うどんの秘伝の製法とこだわり、特徴

上記の動画表示がうまく表示できない場合、左記リンク画像から
Youtubeの動画 でご覧いただくことも出来ます。
「五島手延うどんの秘伝の製法とこだわり、特徴」をご覧ください。

ADOBE FLASH PLAYERの取得

2通りの方法で実行されてもうまく表示しない場合は、
FLASHPLAYERインストールが必要な場合があります。
その場合、Google Chrome のインストールは不要です。

長崎五島うどんの伝統製法

遣唐使によって大陸から麺づくりの技術が上五島に伝わり、日本の麺文化が始まったといわれています。
大陸から伝わった製法に五島の風土と素材が生かされて誕生したのが「五島うどん」です。
生地を仕込む際には五島の海水を煮詰めて作った天然塩を、
「手延べ」の際には粉を使わず五島特産の椿油を使うことにより、伝統の「五島手延うどん」が完成します。
長く茹でてものびにくい、五島うどんならではのツルンとした心地よい口当たりとのど越しが生まれます。
現在では、一部は機械化はしたものの、棒状にした生地を2本の箸にかけ、手で引き伸ばしては束ねる作業を繰り返しながら熟成させ、紐状に細くし乾燥させ麺を形成していく手法、いわゆる手作業である「手延べ」の技を伝承しつづけています。

五島うどんの製法・こなし(小均)作業

五島うどんの製法・かけば(掛巻)作業

五島うどんの製法・目視検品

株式会社長崎五島うどんでは、衛生管理、品質管理を向上させ、五島うどんの手延の技術を継承ながら、
麺職人の技術向上と食の安全性の追求を続けてまいります。
特に、熟成と乾燥にはこだわり、五島手延うどん本来の旨さを追求しして
1・「ぷるんとした食感、熟成と乾燥」2・「素材」 3・「細く、丸く」 4・「乾麺」 5・「だし汁との融合」
にこだわり続けます。
良い麺だけを選び抜いて、均質な太さ、きめ細やかな麺の肌、麺の縦割れなどを厳しくチェックし、
最高品質の「こだわり麺」をお届けいたします。

ページトップへ